2016年03月23日

「筆走刀舞 vol.4」WS

デザイン書と篆刻のダブルWSは、
無事、終了しました。

まずは、
デザイン書のWS。
今回のお題目は「美」。
もともと、「大」きな「羊」というパーツで構成された文字の由来、
それからイメージする「美」のフォルムを追求していただきました。
続いては、恒例の五感でイメージを膨らませ、
トイレットペーパーを使っての早書きなど。
最後は、
各参加者さんのお名前の中の一文字でデザイン書を。

続いては、
宮後先生の篆刻WS。
まずは漢字、篆刻の起源や背景などをお話しいただき、
続いてはいよいよ篆刻作業に。
予め先生に下書きを入れていただいた石に、
みなさん集中してカリカリ、と掘り進めていきます。
途中、先生に何度かチェックしていただき、
一気に仕上げます。

仕上がったあとは、
先ほど清書したデザイン書にぐいっと押印して完成。
ご参加のみなさん、
最後まで集中力を切らすことなく、
3時間半があっという間に終了しました。

CIMG4424.jpg
CIMG4415.jpg
CIMG4414.jpgCIMG4419.jpg
CIMG4435.jpg


次回は、今秋を予定しています。
ぜひ、ご参加ください。

posted by visual-mare at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | logo & mark

2016年03月16日

「筆走刀舞 vol.4」WSは、いよいよ今週末!

先日ご紹介した、
篆刻の宮後先生とのダブルWS、「筆走刀舞 vol.4」。
いよいよ開催日まで1週間を切りました、

お問い合わせの方から、
篆刻の宮後先生についてお問い合わせがあったので、
簡単にご紹介させていただきます。

インテリア業界ではとても有名な方で、
デザインセンター・スクール主宰、芸術博士、
日本パーステック協会理事長、叙勲受賞ほか受賞歴多数という、
華々しいプロフィールとは別に、
ベタベタの大阪弁で気さくにお話ししてくださる、
とってもおもろい「おっちゃん(失礼・・・)」です。
私も毎回、この篆刻のWSを楽しんで勉強させていただいています。
世界にひとつだけの篆刻を、
ぜひご自身の手で掘り上げてみてくださいね。




IMG_4156.JPG 

宮後 浩(雅号「随想」)
多摩美術大学デザイン科 立体デザイン専攻卒業
コラムデザインセンター主宰
コラムインテリアスクール代表
叙勲受賞ほか受賞歴多数
篆刻入賞歴
 1998年 日本書道学院展 秀作
 1999年 謙慎書道会展  秀逸
 2000年 日本書道学院展 秀作
 2001年 日本書道学院展 特選
 2002年 謙慎書道会展  秀逸
               日本書道学院展 特選
      読売書法展   特選
 2003年 日展      入選


IMG_4149.JPG

CIMG4409.JPG


posted by visual-mare at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | calligraphy

2016年03月01日

「筆走刀舞 vol.4」

筆刻WS vol.4〜.小.jpg

久々、
篆刻の宮後先生との、ダブルWSのお知らせです。

詳細はフライヤーより。
以下。

 インテリア界の重鎮にして芸術博士の宮後 浩氏と
 グラフィックデザイナーにしてカリグラファーの牧野 博泰氏、
 ふたりのクリエイターが、
 「書」、「篆刻」の基本ルールという固定概念に縛られず、
 『文字を描く』、『文字を刻む』楽しさを手ほどきします。
 書の価値観、世界観からはなれて、
 ご自身の五感で、存分に文字と遊んでください。

 日  時 : 2016年3月19日(土)  16:00〜19:30
 場  所 : 大阪市北区天神西町 4-15
            天満教会 B会議室
 参加費 : 4,000円(お一人/各材料費・税込) 先着15名
        ※当日ご用意いただくものはございません。
      ※汚れてもいいような服装でお越しください。
 応募方法 
 ・お名前・ご連絡先・篆刻にしたいひと文字(お名前の中から)を
  明記の上、mailまたはFAX(下記)にてお申し込みください。
  受信確認後、メールにてご連絡さし上げます。
   ※数日過ぎても返信がない場合は、
     お手数ですが再度お申し込みください。

 お申込   mailまたはfaxにてお申し込みください。
      ヴィジュアル計画マーレ(ダブルワークショップ係)
              fax:06-6363-6755  mail: visual-mare@jeans.ocn.ne.jp


posted by visual-mare at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | staff 日記 makino