2011年04月30日

ペリーとの対面。

ART & SOUL-2の準備を着々と。

先日、
ツールなどに使う画像を、ということで、
(JAZZの)ライブハウスで、
楽器を演奏しているメンバーを撮影してきました。
カメラマンは、昨年に続き村上さん(お疲れさまでした)。

みさなん、プロのプレイヤーみたいで、
めちゃカッコよかった。(・・・ほめ過ぎ?)
メンバーの熱演ぶりは、DMやいろいろなツールに登場の予定です。
お楽しみに。

trombone.jpg

































撮影用の楽器のひとつ、トロンボーンは
自宅の押し入れのいちばん奥に、ずーっと放り込んだままでした。
ガラクタやなんやらと一緒に引っ張り出し、
恐る恐るハードケースを開けて、
ようやくウン十年ぶりのご対面。・・・はは。

ずいぶん手入れも何もせず放ったらかしやったし、
もう、ボロボロなんちゃんかな? と思ったけど、
ああ良かった、とりあえず外見は無事だったし、
「生命線」のスライドは、錆びもなくスムーズに動きました。

学生時代から、この子(トロンボーン)のあだ名は「ペリー」。
(↑↑↑楽器に詳しい人は、このネーミングの意味をご存知ですよね)
何年もの「放置プレイ」状態に、
まずはしっかり謝ってから、早速スライドをしっかりお手入れ。
おおっ、めっちゃ滑らかにすべる! 
・・・また演奏したいなー。
どなたか、バンド組みません・・・?


posted by visual-mare at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | staff 日記 makino
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44648353
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック